太陽光発電のしくみとは

再生可能エネルギーである太陽光発電は、地球にやさしいエネルギーとして注目されています。
地球温暖化への対策でいろいろなことを行っていくことは、今、とても大切なこととなっています。
再生可能エネルギーを利用することも、そういった対策のひとつとなりますが、その中でも、太陽光発電システムを自宅に取り付けるというのは、身近な方法であると言えるのではないでしょうか。
太陽光発電システムを導入する際には、国や自治体からの補助金を受け取ることができます。
また、余った電力を電力会社に買い取りしてもらえる「売電」も利用することができます。
そうした「メリット」も後押しして、その知名度はかなり上がってきていますし、実際に導入される方も増えてきています。
では、そんな注目の「太陽光発電」はどのようなしくみで電力を作り出しているのでしょうか。
太陽光発電を導入している家を見てみると、外からでもすぐにわかる装備があります。
それが、屋根の上のソーラーパネルです。
太陽光発電の一番最初のステップは、太陽光を集めることにあります。
屋根のパネルで太陽のエネルギーを集め、「太陽電池モジュール」で、電力を作ります。
こうして作られた電力は、外壁部分に設置された「パワーコンディショナー」と接続箱で集められ、実際に家庭で利用できる電気へと変換されていきます。
こうして作られた電気は分電盤をとおって、家庭内のコンセントや、各機器へと届けられます。
作られた電気は、電力会社から供給されている電気となんら変わることなく、普通に使用することができます。
室内には発電メーターと売電メーターという二つのメーターが新たに設置され、電力使用量が発電量を上回る場合には、電力会社から自動的に電力を「購入」し、逆の場合には「売却」してくれるようになります。
メーカーによって、それぞれ技術に違いがあり、発電量や損失量には違いが出てきます。
が、一般的にこのような仕組で「太陽エネルギー」が実際に利用できる電気に作り替えられています。