設置する際に注意しておきたいこと

将来の日本において電力供給のありかたや電気料金の推移が不透明になってきているのは、今までの経緯や報道であきらかです。
電気の供給源として、その何割かは自然エネルギーへ移行するのは当然で、そのスピードが問題ではないでしょうか。
近所を見渡してみると、傾向として、金銭的に余裕のありそうな家が太陽光発電を設置しています。
これから一般家庭も増えていく段階に入っているように思います。
再生可能エネルギーの普及促進のための自然エネルギー買い取り制度により、電気料金が一般家庭に料金が上乗せされることは、享受するとして、その上乗せ価格がわずかな金額でも、早く太陽光発電を設置しなければ損だという気持ちになります。null
太陽光発電の設置を検討するうえで、重要なことはいくつかありますが、まず、太陽電池パネルの種類を知っておくことも初歩的なことです。
単結晶シリコン太陽電池と多結晶シリコン電池を比較してみても、発電量は単結晶シリコンのほうが大きいとされていますが、太陽電池そのものの製造コストは多結晶シリコンのほうが安いので、多結晶が主流になってきているようです。
この2種類以外にもアモルファスシリコンというものと併用したパネルもあります。
ところが、単純に電池だけで比較するのは危険です。
基礎知識としてそのことを踏まえたうえで、各メーカーのパネルの特徴をみていくと、失敗を避けることが出来ます。
短絡的に、費用が安いからということや、最大出力が大きいからといった理由で決めてしまうのが、一番危ない選び方です。
太陽光発電の設置に関しては、出来るだけ多くの項目を上げて総合的に判断したいものです。