ソーラーパネル導入への流れ

太陽光発電システムを導入するためには、まず「どこからシステムを購入し、どこで施工してもらうのか」を決める必要があります。
販売会社や施工会社は今かなり増えているので、自分の住んでいる地域で、自分にあったところを選ぶのが良いでしょう。
価格の面での検討はもちろん、きちんと信頼できる業者を選ぶことがおすすめです。
販売会社の中には、家への取り付けをすべて外注にて行っているところもあります。
そうした場合に、取り付け時に発生したトラブルへの対応が遅れることなども考えられます。
そうした点も踏まえて、いくつか比較検討の上で、選ぶようにしましょう。
次に、メーカーを決定することになります。
これは、自分の意の状況に応じて、業者側が提示してくれることも多いものです。
自分たちの予算や発電状況に合わせて、選んでいきましょう。
また、提案の段階で、今後の発電シミュレーションや見積もりなどについても、しっかりとチェックすることになります。
導入するためには、工事をする必要があります。
この工事自体は、意外と短く済むもので、1~2日もあれば、設置が完了します。
が、施工前に屋根や住宅の調査や補助金申請に関する手続きなどがあるので、実際には申込みから1~2か月ほどで発電を開始して、システムを利用できるようになります。
太陽光発電を導入するためには、取り付け工事が必須となりますが、この取り付け工事も業者によってその内容が違っています。
工賃の安い業者もあれば、高い業者もあります。
これは、その取り付け方法や取り付けに使う材料の質によっても変わってくるものです。
長く使うことを考えれば、しっかりと取り付けてもらうのが望ましいのですが、費用が掛かりすぎるものも考え物です。
こうした点についても、いくつかの業者から見積もりをもらい、自分たちが何を重視したいのかに合わせて、選択するのが賢い方法となるでしょう。
申請した補助金は、自治体によっても異なりますが、申請から半年前後で振り込まれることが多いようです。