仕組みの違いについて

最初に説明したとおり、太陽光発電は、「屋根の上で太陽光を集め、電力に変え、それを集め、家庭でも使えるようにして、それぞれの場所まで運ぶ」という仕組みで行われています。
こういった基本的な仕組みはどの会社の製品を選んでも同じなのですが、メーカーによって大きく違っている点もあります。
それらは価格であったり発電効率の良さであったりします。
どこがいいのかと考えると、大きな悩みどころでもあります。
では、どのような仕組みの違いで、このような差が出てきているのでしょうか。
まず、よく言われる違いに「太陽モジュール電池の種類」が挙げられます。
太陽モジュール電池は、屋根の上に設置されていて、光エネルギーを電力に変える働きを担っています。
太陽光発電において、かなり重要な役割を果たす部位であるといえるでしょう。
この太陽モジュール電池には、一般的に「単結晶」でできているものと「多結晶」でできているものがあるのです。
単結晶というのは、一つの結晶から作られているという意味です。
シリコンを溶かして、単結晶シリコンとして固めることで作られます。
この方法で作られる太陽光電池は古くからあり、シリコンの純度が高いことがメリットとして挙げられます。
つまり、太陽光エネルギーを効率よく電気エネルギーに変換できる力を持っているということです。
もうひとつの多結晶というのは、言葉のとおり、たくさんの結晶でできている製品になります。
単結晶の製品よりも簡単に作ることができるのがメリットとして挙げられます。
もちろん手間が減る分、価格についても手が届きやすくなっています。
が、見た目が単結晶のものよりも美しくないという点や、発電量で劣ってしまうという点がデメリットとして挙げられます。
自分たちが検討している太陽光発電システムは、どちらの仕組みを採用しているのかについても検討してみましょう。
それぞれのメリット・デメリットについても理解して、自分たちが何を重視したいのか決められたらいいですね。