未来を鑑みて、岐阜での太陽光発電を考える

お隣の国の大富豪や、お金を持っている企業が、日本の土地を買いあさっていると言うニュースが入っています。
こういった動きに危機感を持っている人が、法改正をして規制をかけろと、声を上げています。
このような動きをしている背景に、水があります。
豊富な水脈を持つ日本の土地が手に入れば、潤沢な資源が手に入りますからね。null
ただ、未来を鑑みずに、目先のことしか考えられない人の場合、こういったことをされても結局、利用価値の無い山間部の土地を買っているという考え方しか出来ないんですよね。
そうじゃなくて、資源を将来にわたって、有効利用するということを、私たち日本人も考える必要があるでしょう。
例えば、山間部である岐阜に山などを持っている人は、太陽光発電を考えてもいいでしょう。
林業か、それが出来ない場合、使い道が無いかと思えるこういった土地ですが、全国的に見ても日照時間が長い東海地方で、太陽光と言う資源を有効利用しない手はありませんからね。
電気を売って、利益を出せるように法改正されたとの事で、大企業がこぞって、太陽光発電の事業を行う時代になってきています。
難しい、誰にも分からない未来を予測するのではなく、もう目の前に見えている事なので、動き出すべきなのではないかと、私は思います。
もちろん、先に書いたように東海地方は日照時間が長いので岐阜に住んでいる人が、自分の家に設置すると言うことも、検討して欲しいと思っています。