太陽光発電を考える

太陽光発電推進は、現状の電力問題を考えると、今後更に進むのは確実である。
以前より、太陽光発電に取り組む会社も増え、開発も進んでいるが、どの程度まで太陽光発電を生活に取り込むかが重要である。
今は、節電や省エネ、消費電力量、計画的停電など、いろいろな言葉で、人々に電力使用削減を意識付けている。
しかし、エネルギー生産方法の一つである太陽光発電をどの程度、個人で理解し適応することが出来るかが、失敗しないための太陽光発電利用法である。
太陽光発電は、確実に太陽からの日照を必要とするため、利用者の生活リズムによっては、太陽光発電が生活に多大なる貢献となるか、または、使わないまま余剰電力となり、昼間の生産電力を電力会社と分け合う事も起こる。null
そして、天候に左右されるため、曇りや降雪、黄砂などの影響を受ける事の知識も必要である。
四季のある日本では、年中同じ日照とはならない事も特徴でもあります。
また、太陽の光を多く取り込むには、屋根への設置が一般的となっているため、設置建築物の状態も考えるべき事となります。
屋根への負担が大きいため、場合によっては、建物の補修・修理が必要となったり、設置に適しない事もあります。
そして、近隣に高い建物が少ないことも太陽光発電量を最大限に近づける理想の条件となります。
失敗しないための太陽光発電として、設置場所に対する発電量を把握し、生活にどの程度役立つかを知る事が重要な事と考えられています。